ロードセルやオイルスキマー等専門分野で不可欠|構造自体は簡単

専門分野の製品

工場

専門分野で活躍している製品は非常に多く、例えばロードセルなどは圧力を測定する箇所では無くてはならないセンサーとして利用されています。ロードセルの構造はひずみゲージを応用したもので、構造自体は非常に簡単です。しかし簡単が故にコストを大幅にカットすることができ、格安で販売することが可能です。実際に小型のロードセルは電子部品販売店やインターネットショップサイトでも販売が行われていて、一般の方でも購入することが出来ます。ロードセルは対応する圧力によって利用するべき種類が分かれていて、一般的に圧力が高い場合は対応荷重幅が広いタイプを使用し、体重計などのように数百キロ程度であれば小型のロードセルでも対応することが出来ます。また精度に関しても最適なロードセルが存在し、誤差の少ない測定を行うためにはそれなりに精度の高いロードセルを用いる必要があります。
ロードセルは日常生活とも多少関わりがある専門機器ですが、ほぼ関わりのない専用機器としてスペクトラムアナライザがあります。スペクトラムアナライザは周波数や電磁波を測定するために用いられる測定機器で、ハンディータイプのものから測定施設で用いられる大規模な種類まで存在します。スペクトラムアナライザを用いることで目に見えない周波数等を測定することができ、異常の検知や正しい周波数帯であるか等をチェックすることが出来ます。また超精密な機器はちょっとした周波数の乱れでも正常な動作が出来なくなることがあり、周波数の測定は非常に重要になります。
オイルスキマーなどは製造現場で用いられる専門機器で、オイルの回収をするために用いられます。オイルを回収して無害化させるためには必要不可欠で、オイルを用いる生産現場では設置が義務付けられている場合もあります。様々な回収方法があり、回収する規模によっても選ぶ方式が異なってきます。工場などの生産現場ではオイル以外にPCB等の混入を防ぐための検査を行なうこともあります。こういった検査は専門の業者が専用機器を用いて検査していきます。

ハンディ型の利用

電子テクノロジー

スペクトラムアナライザを利用すると目に見えない様々なものを分析することができ、多くの場合で周波数などを測定する事ができます。ハンディータイプであれば外に持ち出すことが可能で、持ち出さない場合は据置きすることも可能です。

詳しくはコチラ

電解コンデンサに混入

工場

PCBはポリ塩化ビフェニルと言い、絶縁性に優れていたことから様々な絶縁材料として使われてきました。電解コンデンサなどでも絶縁シートに使われ、使用が禁止された現在でも製造機器に付着したPCBが購入している可能性があります。

詳しくはコチラ

油の回収

電子テクノロジー

オイルスキマーを用いると油を効率的に回収することが出来ます。様々な種類があり、中でもリックス浮上方式は非常に魅力的な回収をすることが出来ます。スピードも早くすることが出来ますし、また回収効率も高めることが出来ます。

詳しくはコチラ

イチオシリンク集

  • 株式会社メクト

    ディスペンサーをゲットしたい方はサイトをcheck。格安で手に入れることができるので人気がありますよ!興味があるならお問い合わせをしよう。